2020年3月分 株主優待クロス取引の結果 純利益は174,900円

2020年3月に株主優待クロス取引で獲得した優待券が無事に届きました。

 

 

届いた優待券 (家族全員分+法人分です)

 

エディオン

 

今回からカード型の優待券となりました。

最近はこのような形態にする優待券が多いですね。

エディオン株主優待券

 

 

平和

 

5口座分だと40枚になります。

平和株主優待券

 

 

近鉄グループホールディングス

 

こちらも5口座分です。

近鉄グループHD株主優待券

 

 

 

獲得額と経費の内訳と合計

 

獲得金額 約180,000円分

 

エディオン 12,000円×5人分=60,000円相当

平和  2,200円×40枚(5人分)=88,000円相当

近鉄GH 6,400円×5人分=32,000円相当

 

上記の価格は、昨年の売却額を基準に算出しています。

今年はコロナショックの影響が長引けば、価値が下がるかもしれませんね。

 

かかった経費 約5,100円

 

現物買い手数料 0円

信用売り手数料 0円

 

※ GMOインターネットの株主優待制度を使っているため、現物買いをした同社の手数料は0円です。

※ 2019年12月から信用売りに使っているauカブコム証券の信用手数料が0円になりました。

 

貸株金利 約4,100円 auカブコム証券分

資金移動、入出金手数料 約1,000円

 

 

まとめ 約174,900円分の利益が出ました。

 

3月の株主優待クロス取引運用では経費を除いて約174,900円分の利益が出ました。

コロナショックの影響で、株主総会が無事に開催されるか心配しましたが、企業様のご尽力のおかげで無事に優待券は届きました。

毎年獲得している航空系の優待券は取れませんでしたが、利益としては例年と同程度なので満足しています。

安全確実に副収入が得られるのでメリットが多く、これから始める初心者や専業主婦にもおススメです。

 

関連記事

株主優待クロス取引運用は、誰もが知っている株主優待制度を上手く利用し、リスクなく優待券を手に入れる投資法です。私が行う投資法の中では、リスクが低く安全性が高い反面、年に数回しか大きなチャンスがなく、比較的手間がかかる点が特徴です。[…]

 

 

 

 

Twitterはこちら!!