9月期優待銘柄の値動き スイングトレードで利益をだせるのか 結果編

「株主優待銘柄の権利確定月の値動きに傾向があれば、スイングトレードで利益をだせるのでは」と試すことにしましたが・・・

 

チャレンジ初月の9月は惨敗でした(泣)

 

 

直近3年の9月期優待銘柄の値動き

 

ヤフーファイナンスやSBI証券の株主優待ページで人気銘柄となっていたヤマダ電機、ゼンショーホールディングス、オリックスの9月の値動きを日経平均と比べて調べてみました。(前回記事)

 

(表は前回記事から引用したものです。株価はヤフーファイナンスの時系列から抽出。全てその日の始値。日経平均株価の端数は切り捨て)

 

2017年9月期

 

 オリックスゼンショーヤマダ電機

日経平均株価

 前月の権利落ち日(8月28日)1,7612,09058519,502
 ①の5営業日後1,7522,08058919,615
 ⑤の5営業日前1790(+2.16)2066(-0.67)597(+1.35)20128(+2.61)
 ⑤の3営業日前1831(+4.50)2051(-1.39)598(+1.52)20456(+4.28)
 9月の権利付最終日(9月26日)1827(+4.28)2071(-0.43)594(+0.84)20349(+3.74)

()内数字は、「②前月権利落ち日の5営業日後」からの騰落率。以下同様

2017年9月期の傾向

権利付最終日前の1か月間で日経平均は4%程度上昇しています。

オリックスは日経平均と同程度の上昇率がありましたが、他の2銘柄は日経平均ほどには上昇できていません。

むしろゼンショーHDはこの期間で株価が下落しています。

 

 

2018年9月期

 

 オリックスゼンショーヤマダ電機日経平均株価
 前月の権利落ち日(8月29日)1,7832,24054822,820
 ①の5営業日後1,7662,24955422,740
 ⑤の5営業日前1775(+0.50)2246(-0.13)554(+-0)23035(+1.29)
 ⑤の3営業日前1835(+3.90)2310(+2.71)562(+1.44)23754(+4.45)
 9月の権利付最終日(9月25日)1893(+7.19)2342(+4.13)567(+2.36)23881(+5.01)

 

2018年9月期の傾向

権利付最終日前の1か月間で日経平均は5%近く上昇しています。

この間、3銘柄とも上昇はしましたが、日経平均程には強くないようです。

 

 

2019年9月期

 

 オリックスゼンショーヤマダ電機日経平均株価
 前月の権利落ち日(8月28日)1,5282,41148720,474
 ①の5営業日後1,5902,38548320,581
 ⑤の5営業日前1718(+8.05)2450(+2.72)526(+8.90)21947(+6.63)
 ⑤の3営業日前1742(+9.55)2461(+3.18)523(+8.28)22064(+7.20)
 9月の権利付最終日(9月25日)1701(+6.98)2475(+3.77)533(+10.35)21961(+6.70)

 

2019年9月期の傾向

権利付最終日前の1か月間で日経平均は約7%上昇しています。

この間、3銘柄とも上昇はしました。

オリックス、ヤマダ電機は日経平均以上に上昇しましたが、ゼンショーHDは日経平均の上昇率を下回っています。

 

過去3年で見る限り、ゼンショーHD(7550)の9月の値動きは日経平均に比べて弱い傾向がありました。

 

取引とその結果

 

この傾向を利用してスイングトレードで利益をだそうと考え、

 

9月3日にゼンショーHD(7550)200株信用売り+日経225上場信託(1321)20枚現物買い

で約50万円ずつ両建てをしてみました。

 

 

その結果は・・・

 

 

過去3年の傾向とは異なり、ゼンショーHD(7550)は日経平均よりも少し強く、狙ったような結果にはなりませんでした😭

 

両建ての取引結果は計-18,950円ということで残念ながら損失となりました。

 

9月26日 スイングトレード決済画面
9月26日 スイングトレード決済画面

 

 

内 訳

 

ゼンショーHD(7550) -11,150円

日経225上場信託(1321) -7,800円

※手数料はGMOインターネットの株主優待制度を利用するので0円とみています。

※ゼンショーHDで発生した550円の逆日歩は損失額に含んでいます。

 

 

他の9月期優待銘柄の値動き(対日経平均)

 

ちなみに、他の銘柄の9月3日~9月25日までの値動きはというと・・・

 

 ヤマダ電機オリックスゼンショーHD日経平均
9月3日始値5681,3252,45524,150
9月25日終値539(-5.1%)1374.5(+3.7%)2,508(+2.1%)23,760(-2.1%)

※日経平均は225上場投信(コード1321)参照

 

人気銘柄のヤマダ電機は日経平均よりも弱かったですし、反対にオリックスは日経平均よりも強い値動きを見せました。

 

まとめ 2020年9月のスイングトレードは損失

 

ヤマダ電機もゼンショーホールディングスも人気銘柄ですが、値動きの特徴は正反対でした。傾向をつかむのは簡単ではありませんね~(;^_^A

 

9月期の優待銘柄スイングトレードは負けてしまいましたが、他の月にはそれぞれ特有の傾向があるように感じています。

 

10月以降も検証とお試しトレードは継続してみます。

 

Twitterはこちら!!